コンテンツ

胸郭出口症候群

今回は「胸郭出口症候群」についてです。

毎日のデスクワークや長時間のパソコン作業などで腕や首に負担がかかると、

首の筋肉や肋骨等により神経や血管が圧迫されたり伸ばされたりして、

手や腕にしびれや倦怠感(だるさ)などの症状を出す可能性があります。

これが『胸郭出口症候群』とよばれる症状です。

肩こりや首、背中の痛みや張り感があり、更に手や腕のしびれや痛み、

冷感や血色の悪さなどが併発するようであれば胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭の出口とは、首筋から腕の付け根(脇)付近に位置し、鎖骨と第1肋骨の間にある隙間のことで、

前斜角筋と中斜角筋の間、鎖骨と肋骨の間、小胸筋の下を神経(腕神経叢)と動脈(鎖骨下動脈)が通っていますが、

それぞれの部位で神経と血管が圧迫を受ける可能性があります。

圧迫を起こす部位により、斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群といわれますが、

まとめて胸郭出口症候群といいます。

この部分で神経や血管が圧迫されたり、伸ばされたりして、痛みやしびれ、血行不良などを引き起こします。

胸郭出口症候群になりやすい方の傾向は、上記の「肩こり」や「デスクワーク、パソコン作業」の他に

「なで肩」の方にも胸郭出口症候群になりやすい傾向があります。

また、肩、首に負荷のかかる筋力トレーニング後に、負荷がかかった

筋肉のスレッチが不十分な場合にも起こる可能性があります。

当院では、まず胸郭出口症候群がどうかを運動検査などにて判断し、該当するようであれば

神経や血管を圧迫したり伸ばされている原因となる筋肉への治療やストレッチ、運動療法などを行い、

また、原因に関係する鎖骨や肩甲骨の動きを改善していきます。

からだ筋肉整骨院では患者様へしっかりとご説明させていただき、納得していただいた上で

施術を開始いたしますので、該当する症状など気になる点がございましたら安心してご相談ください。

大阪市鶴見区からだ筋肉整骨院

06-6115-5519

AIRY1118

news
ニュース一覧
shop infomation

からだ筋肉整骨院

株式会社 からだ
〒538-0052大阪市鶴見区横堤2丁目20-16カーサアグラダブル1F

受付時間
月~金11:00~21:00
10:00~18:00
休み日・祝・第2木