コンテンツ

肩が凝りやすい姿勢って?

前回は肩が凝るメカニズムについてでした。

では、そのような、状態になるのはなぜ?

どのような姿勢や、どのような人になりやすい?

まず背骨のカーブが正しいかどうかが強く関係してきます。

直立して生活をしている人間にとって、この生理的カーブは大切な役割を担っています。

重力を分散するサスペンションの役割をし、重たい頭を支えるための筋肉の負担を和らげているのです。

ですから、なんらかの原因で生理的カーブが崩れると、分散がうまくいかずに一点に負担がかかるようになります。

生理的カーブの崩れは、湾曲が強くなる場合と、湾曲が少なくなる場合があります。

湾曲が強い場合は、猫背やお腹が前に出るような姿勢になります。
仰向けに寝たときに、腰と床の間に隙間が出来るのも、湾曲が強い場合です。

湾曲が少ない場合は、背中が真っ直ぐになり、一見姿勢が良いように見えますが、これも正常からははずれた形です。

どちらの場合も、クッションの役割が弱くなるので、筋肉の負担が大きくなり、肩や首、背中の一部の筋肉に負担が凝縮し、

肩こりの原因になってきます。

特に、デスクワークの方は、座った状態で肩と腕は前の方へ巻き込み、顎を突き出す姿勢になります。

ブログ用

 

一見すると、悪い姿勢に見えないかもしれませんが、

上半身の重みは骨盤の先端部分(坐骨結節)のみで支え、骨盤は不安定で重心は前にかかっている状態です。

肩、腕は前方に引き出しているため、肩甲骨や腕を持ち上げる

肩の上の筋肉(僧帽筋)が常に働いている状態になっています。

つまり筋肉が縮んでいるいる状態が長時間続き、

肩の上部は循環不全となるため、コリ感や痛みがでてきてしまうのです。

 

このようにデスクワークが多い方は特に姿勢が崩れやすく、肩こりを訴える方が多くなってきます。

他にも、ストレートネック等をお持ちの方は首の湾曲がなくなることで、

頭の重みを分散させることができず、肩凝りの原因になっています。

次回は当院行う肩こり治療を書いていきます。

 

肩が凝るメカニズムとは??

ストレートネックとは??

unnamed (1)

からだ筋肉整骨院は大阪市鶴見区にある整骨院ですが、

お隣の城東区や大東市、東大阪市などからも来院されています。

大阪市鶴見区(横堤 諸口 鶴見 浜 茨田大宮 緑 焼野 安田 緑地公園 今津 徳庵 放出、今福鶴見)の

整体・鍼灸・カイロプラクティックなら
交通事故治療(むちうち等)骨盤矯正、産後骨盤矯正、腰痛、頭痛治療などの慢性症状など
「からだ筋肉整骨院」にご相談ください。

news
ニュース一覧
shop infomation

からだ筋肉整骨院

株式会社 からだ
〒538-0052大阪市鶴見区横堤2丁目20-16カーサアグラダブル1F

受付時間
月~金11:00~21:00
10:00~18:00
休み日・祝・第2木